睡眠時無呼吸症候群スクリーニングサービス

ご自宅で睡眠時無呼吸症候群をお手軽にチェックできます。

睡眠時無呼吸症候群の検査の重要ポイン

健常な方に比べて事故発生率が2.4倍高くなると言われております。

脳梗塞や高血圧、心臓疾患に繋がるリスクがあります。       

健康に対するリスクから交通事故のリスクになるなどあらゆるリスクとなる可能性がありますので、日中に強い眠気やイビキのある方は、軽視することことなく検査をお勧めいたします。

睡眠時に携帯型の計測装置「ウォッチパット」を腕に着けてお休みいただくだけの自宅で行なえるサービスで、睡眠中に計測したデータをもとに医師による睡眠時無呼吸症候群の確率を判定します。

睡眠時無呼吸症候群について

こんなお悩みはありませんか?

日常の強い眠気

大きないびき

ぐっすり眠った感じがしない

睡眠中に大きないびきや呼吸が止まるという症状を起こし、このことが正常な睡眠を妨げ、日常生活や身体(心身)に悪影響を及ぼします。

特に肥満は睡眠時無呼吸症候群を引き起こす危険因子です。首の周りに脂肪がつくことで起動が狭くなり、いびきや呼吸が止まりやすくなります。

スクリーニングの流れ

お申込み
JTM(日本チームマネージメント協会)でお申込みを承ります。
ご発送
計測装置を企業ご担当者様へご発送いたします。
検査(当日)
被験者様は計測装置を着けてご就寝ください。
検査(翌日)
被験者様は測定装置を外して企業ご担当者様へ測定装置をお戻しください。
ご返送
企業ご担当者様は返信用の送付状をご使用いただきご返送ください。
データ解析
データを解析し結果を医師が判定いたします。
結果送付
企業ご担当者様へ結果を送付いたします。

お気軽にお問い合わせください。050-1548-8691受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ